ご遺品整理、生前整理、空き家整理のご依頼は業者選定が大切な訳とは?

2021年05月31日(月)14:42

おかげ様で、弊社も創業して組織変更等も含めて、本年4月をもって25周年を迎えさせて頂きました。四半世紀もの間、業務を継続してできたおかげは、ご依頼者様、協力業者様、そして社員とその家族のおかげかと思います。皆様の支えがあり、25年もの長期間ご遺品整理、生前整理、空き家整理を通して業務継続ができた事を、この場をお借りして感謝申し上げます。有難うございます。さて、今回はタイトルにもあるように長年遺品整理、生前整理、空き家整理をご対応してきた経験からご遺品整理、生前整理、空き家整理のご依頼は業者選定が大切な訳とは?を弊社からお伝えさせて頂こうと思います。

 

 

現在、国内で登録されている遺品整理業者は1万を超えると言われております。数年前からメディア、新聞等の影響もあり「遺品整理」とワードが認知されつつあり、遺品整理専門の業者に依頼する傾向がございます。。それこそ弊社が起業した当時は、片付け業者、便利屋、ゴミ収集業者が事業の一つとして行っておりました。時代とともに日本国内で少子高齢化が急加速した背景も遺品整理専門業者に依頼増加の要因と思われます。但し、ここでどこの業者でも良いか?と言えばそうではございません。業者数が増加すれば、それだけ遺品整理全般の知識を有していない業者も当然混在し実在しております。上記業者に依頼すると「依頼して良かった」が後に「こんなはずでじゃなかった」とトラブルが続発するとよく耳にします。ご遺品整理、生前整理、空き家整理のご依頼時にそのようにならない為にも、大切な事は業者選定となります。弊社の長年の数多くのご依頼件数、ご相談の経験値から遺品整理、生前整理、、空き家整理の以下の件をご参考にされると幸いです。

 

 

 ネット上のホームページ閲覧だけで決めない。口コミ、宣伝文句だけで業者を選択しないこと。

インターネット、ホームページは費用をかければ、どの業者も信頼性が高く見栄えも良く見えます。併せて、掲載上の「検索掲載順位」は信頼性が高いから必ず順位が高いわけではございません。「テレビ、新聞取材豊富な実績」とアピールし大々的に宣伝している業者が必ず良いとは限りません。まず、掲載上位の業者は信頼性が高い業者も一部、実在しておりますが、ホームページ制作会社にリスティング広告費、SEO対策費に莫大な費用を払い順位を上げている業者も少なくないの事が現状なのです。上記の事から検索上位が信頼性が高いわけではございません。又、「テレビ、新聞取材豊富な実績」と大々的に掲載している業者も必ず信頼性ある業者と全て言い難い事も事実なのです。理由として、弊社も某テレビ局、新聞社より取材の要請やお問合せのご相談を頂きますが、テレビ、メディア側は放映の予定日があり、その日程を逆算して、ネット等で片っ端に遺品整理業者に電話にて問い合わせを致します。取材日にたまたま遺品整理の取材OKの御依頼者様がお見えになられたり、又はご遺品整理のご費用を格安にしてその代償に取材をご承諾を頂く場合が良くあります。取材に対して、今回のご遺品整理のご依頼者様のご意向に合わない案件を無理に取材のために弊社よりお願いは決して致しません。遺品整理業者側にすれば宣伝にはうってつけかもしれませんが、果たしてご依頼者様のご心情からお察しすると果たして取材が一番最良な方法とはとても思いません。上記の事からお打ち合わせ時、「弊社はテレビ取材の実績件数が多分に有り信頼できます!」は必ず良い業者とは言えません。

 

 

 まずは、業者の電話応対をご確認下さい。見積時は業者担当者としっかりと面談し見積額の詳細、人員数、追加料金の有無内訳、処理方法、法令順守は適正か確認する事が大切です。

 

 

弊社からの経験則から業者選定に大切な事は、まずは遺品整理業者に直接ご連絡をされ、電話の応対を確認する事はとても大切です。なぜならば、電話の応対が雑な業者はほとんどと言って、遺品整理の作業も粗雑な業者、又はいい加減な業者の確立が非常に高い傾向がございます。又、必ず電話だけで決して依頼せず、業者に現地にて見積をされる事は必須となります。必ず、しっかりと担当者と面談を行いお見積額の詳細、携わる人員数、追加料金の有無、処理方法、法令順守はされているのか?等を確認する事がご依頼後のトラブル回避と言えるでしょう。金額の高額請求は論外として逆の低価格も必ずしも良いとは言えません。理由として、遺品整理業界において「早い」「安い」は絶対良いとは言えないケースがあります。左記の業者はほとんど、兼業で遺品整理をご対応するうえで、知識を有していない業者、片手間に兼業し遺族のご要望をご配慮せず不要品回収業者の部類の業者や、いわゆる不要品を違法に処理する違法業者が多く、「2トン乗せ放題パック」のようなうたい文句で営業をする業者がそのような業者が多いと言われております。相場よりかなりの低価格の業者は要注意となります。作業の手間を省き、違法回収が常態化し、又、理由をあれこれ説明し、作業後に追加請求をする業者も耳を疑いますが、実際に実在致します。事例として、思ったより処分費がかかる為、当初の作業日数よりも超過して日数がかかる為等、常識では考えられない事例があります。独立行政法人「国民生活センター」にも年間100件以上の契約トラブルが寄せられております。ほとんどが追加請求のご相談かと思われます。弊社はしっかりとお見積時にご依頼者様のご要望をお聞きさせて頂き、室内お荷物のご状況をくまなくご確認し、長年の経験を踏まえ追加料金の有無が発生する場合はどのような事が考えられるのか?携わるスタッフ数は何名か?作業日数は何日要するのか?等ご依頼者様がご不安になる事を事細かくお示しさせて頂いております。万が一、お見積時に弊社担当者のミスにてお見積金額の追加の場合は弊社にてご負担をさせて頂きます。それだけ自身をもつてご依頼者様に寄り添ったご提案をさせて頂いております。

 

■ 不要品回収業者、便利屋業者と遺品整理業者との違い

 

不要品回収業者、便利屋業者は基本的に遺品整理のご依頼者様のご要望、ご意向にご対応できる知識を有していない場合がございます。理由として、他の業務と兼業している場合(必ずしも兼業だから、知識が乏しいわけではございません。)や廃棄物処理の延長のような取り組みをする業者、あたかも宝探しをするような業者、建物の室内にて養生等一切せず、建物に破損、損傷を生じ、ご依頼者様に不快な思いをさせてしまう実例もよく耳にします。まずは専門業者が必ず良いとは確約できませんが、過去の実例紹介等がホームページ上に事細かく掲載事例が豊富か?等も判断の指標になるかと思います。

 

 

以上が、遺品整理を業者に依頼する際に、愛知県、名古屋市内を中心に遺品整理を25年従事している弊社メイドマンからの遺品整理、生前整理、空き家整理の御依頼は業者選定が大切な訳とは?と題してホームページをご覧になられた方に少しでも失敗しない業者選定をして頂きたい思いでお示し致しました。是非ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 



サービス

遺品整理サービス

生前生理サービス

室内生理サービス

空き家・ゴミ屋敷清掃サービス

遺品・生前整理の
コラム記事一覧


お問い合わせフォーム