【愛知郡東郷町】にてご遺品整理ご対応させて頂きました。

平成29年9月26日

▶︎

今回のご遺品整理は、孤独死のご依頼でした。孤独死といっても死後、発見から2~3日でしたので特殊清掃の必要性もなく、異臭、室内の汚染等は問題はございませんでした。
ご依頼者様は、お亡くなりになられた娘様です。故人と娘様は、疎遠状態で20数年一度もお会いされていない状態とのことです。

ご依頼者の状況とご依頼内容

亡くなられた、お父様は、お一人で生活されておられ、家族とは全く疎遠となり、ご依頼者様の娘様は、警察からお母様に連絡が有ってお知りになられたそうです。お父様のお住まいののお隣様が、お仲が良く玄関に新聞が溜まっている事や、家を空けるとの事を聞いていないとの事で、不審に思い不動産会社に連絡し、警察がが安否の確認時に室内にて、お亡くなりになられているお父様を発見されたとの事です。死後2~3日との見解で、室内の異臭等、特殊清掃の必要性はございませんでした。

今回の作業について

弊社として、まず、お見積時にご依頼者様でもある、娘様に室内の貴重品、大切なお品物等が有、無のご捜索希望が必要か等のご確認と、ご心労のおありの娘様に、少しでもご心労、ご不安の軽減になるご説明を差し上げました。複数のご遺品整理業者にお見積をご依頼されたそうですが、結果、弊社にご依頼頂きました。亡き、お父様とは疎遠状態といったことも有り、お父様がどのような生活環境であったかも把握しておらず、娘様曰く「父には、以前、母に多大な心労を掛け、他人に借金をしても返済する事もせず、私達を捨てて、母が全て返済をし、母が働きながら、私達子どもを育ててくれました。その件も有り、母の苦労も一緒にいて子供ながらに、父を憎みました。父を許すことができませんでした。それから20数年が経過しています。」と口数が少ないご依頼者様が、私にそうお話をされました。ご遺品整理の当日も、ご依頼者様もお立会い頂き、弊社スタッフとご依頼者様にて、ご遺品整理着手前に、故人のご冥福をお祈り、合掌し整理を開始致しました。ご遺品整理を開始してからわずか、30分ほど経過してから、ご依頼者様の娘様が、お部屋の隅で立ちすくみ、どうされたのかと、ふとお顔を拝見したら、しくしくと大粒の涙をこぼされて泣いて、いらっしゃいました。お声を掛けていいのかと、私もためらいましたが、「どうされましたか?」とお声掛けさせて頂きましたら、娘様が、「電話機が置いてある横に、父の手帳があって中を確認したら、私達、家族に対しての、当時の謝罪の手紙と、20数年前の私の携帯番号、以前の住居の住所が記されて有りました。ひょっとして、父はなくなる間際に、瀕死の状態で以前の携帯電話の番号に連絡をしていたのかなと思い、その事を考えるといくら、憎んだあの父でも、一言、以前に連絡して私の携帯番号を教えていれば、苦しんで亡くなっていなかったんじゃないかなと思い、泣けてきてしまいました。家族に対する手紙も、何故、すまないと思う気持ちが有れば、母に直接、謝らなかったのかなと、今となっては...」と唇をかみしめながら、私にお話をされました。何方様にも、人に言えないご事情があります。お気持ちお察しすると、私も心が痛みました。ご遺品整理は夕方頃には無事、完了致しました。

スタッフのコメント

この度は、ご依頼頂きましたご依頼者様、誠に有難うございました。ご遺品整理を21年創業してからご対応させて頂いておりますが、ご家族しか解らない、御事情がどんなご家族でも、少なからずございます。ご家族の間柄でも、何かの御事情で、ご関係がボタンの掛け違いのような事が有り、その後、疎遠になってしまい、弊社も仕事とは言え、お気の毒な、ご遺品整理のご依頼を頂く事もございます。今回も、故人の手帳が出てきて、故人の生前の家族に対するお気持ちが記されておりました。非常に残念ではございますが、ご依頼者様の心の中に、亡きお父様の手帳はとても大切な形見となる、ご遺品となりました。誠に有難うございました。合掌。

間取り 貸家3部屋 作業人数 3名
作業時間 6.5時間 合計金額 160,000円 

カテゴリー

過去の記事


遺品整理@全国検索ガイド