希薄な世の中での家族の絆

2015年02月03日(火)10:24

20150130_230427おはようございます。本日は節分ですが、今晩はご家庭でも豆まきをされるご家族様が多いと思いますが、私は毎年名古屋市守山区の龍泉寺に行き無病息災、家内安全のご祈祷をして頂いております。気持ちの面でもご祈祷していただくと違いますね。

さて、先日名古屋市名東区にてご依頼頂きました生前整理を無事完了致しました。お品の所有者様はお父様でご依頼者様は息子様です。いろいろなご事情で疎遠状態で年に一回お電話でお話しするか、しないか程度のご関係との事です。お父様が住んでいる住所も知らず、当然お部屋の状態も知らないご事情だそうです。息子様は、現在お母様と同居し岐阜県にご在住です。11月のある日、岐阜のご実家にお母様宛にご連絡が病院から有り、「00様が緊急で運ばれてきまして、これから手術になるかもしれません、至急00病院に来ていただけますか。」と連絡が有り、息子様、お母様が病院に行かれたそうです。

病名は、脳梗塞だったそうでお父様は自力で救急車を呼び、病院に向ったそうです。幸いに手術も成功し、今はリハビリに専念されているそうでですが、今まで生活されていたお部屋でお一人では生活はできないとの事で、施設に入所されたのことでした。幸いにも、お母様、息子様のご自宅から近い施設に入所ができ、息子様もひとまず安心されたのお話しでした。それまで生活されたお部屋は賃貸の為、現実的に、毎月費用が発生します。非常に施設での費用もかさむため、弊社にご依頼頂いた運びとなりました。息子様、お母様は当然、お部屋がどのようになっていて、どれくらいのお荷物があるのかもわからない状態からのお二人で整理されていらっしゃったそうです。貴重品、大切な公共の書類等もどこに何があるのか苦悩の日々、そして縁もゆかりもない名古屋に毎週往復し息子様はお仕事も有休をとり、手続きに走り回り、お部屋の整理にも迷走し「父の事を思うと、可哀想だし無念ですが現実を考えると本当にいろいろな諸事情で精神的に私も大変です。」とおっしやっていらっしゃいました。話をお聞きしておりますと、私と同世代との事、頭が下がります。しかしながら、ご依頼頂いた息子様は本当にお疲れのご様子でしたが現実を受け止め、一生懸命にご対応されていらっしゃいました。私も今までの経験でお力になれることがあればとお話しもさせて頂きました。今までご事情でお父様とは疎遠になっていても、他人であれば当然何も知らないわけですが、息子様である以上「私が責任もってやらなければなりませんし息子である以上、向き合って事にあたります。」と最後にお話しをされていました。どんな、ご事情がおありだったはわかりませんが、やはり親子の絆は切れません。息子様は希薄な昨今ですが、ご立派だなとつくづく感心致しました。仕事柄、いろいろなご事情に遭遇致しますが、あらためて「家族」というものを考えさせられました



サービス

遺品整理サービス

生前生理サービス

室内生理サービス

空き家・ゴミ屋敷清掃サービス

カテゴリー

過去の記事


遺品整理@全国検索ガイド