孤独死を考える

2014年08月18日(月)19:20

NCM_0314みなさまお盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?

弊社は、お盆中もお打ち合わせ等で業務に邁進しておりました。各地でゲリラ豪雨等で、河川等での豪雨の影響で浸水被害が多発していたとニュースでも放映されてましたが、皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか?あいにく名古屋は幸いに問題なくて良かったです。最近のゲリラ豪雨は甚大な被害が発生しますね。

さて、お盆中にお打ち合わせさせて頂いた方の作業案件ですが、本日夕方に完了致しました。私達の呼び名作業で「住環境整理」と申しますが、2部屋の室内の整理です。御病気の方が退院されて見えるので介護用のベットが本日搬入されてくるため、御病気の方が少しでも気持ちの負担なく、快方に近づく為室内のお荷物の整理と整頓をさせて頂きました。ある意味時間とも戦いもありますが、しっかりと整理と整頓をしながら゛これぞプロ!゛という仕事ぶりをさせて頂きました。

お約束したお時間もお守りし、御依頼者様も大変お喜び頂きました。弊社はこのような御依頼も多いです。いろいろなご事情でお身内が御病気で退院、一時退院等で御病気の方に快適なお部屋で生活してもらいたい、あるいは入院前に大病を患い、ご本人様が日常生活すらできなくなり、日々のゴミだしやお部屋の整理もままならなくなり、ひどい場合は生活ごみをため込んでしまうといったケースを私達はよく目にしてきました。今回の場合はそのような結果にはなっておりませんが、体の具合が御病気で悪くなるとSOSを受け止めてくれる親族、ご友人様が普段から気に留めてくれると良いですが、最悪の場合はそのままご本人が衰弱し、いわゆるそのまま誰にもきずかれず孤独死というケースです。私達も何度もその状況に遭遇して参りました。あってはならない事ですが特に夏の季節は多くなります。絶対あってほしくない事ですが・・・最近社会問題でなりつつある孤独死は周りの親族、近隣の方、新聞配達の方、民生委員、行政機関、最近では不動産の管理会社等が管理している物件の単身のご高齢者宅に共用部の清掃時にお部屋を巡回しお声掛けといった事もしている会社もございます。単身のご高齢者の方に少しずつですが、環境が改善されつつあります。弊社も少しでもお役に立てないかと、知恵と工夫と今迄の経験値で考えて参ります。

 

 



サービス

遺品整理サービス

生前生理サービス

室内生理サービス

空き家・ゴミ屋敷清掃サービス

カテゴリー

過去の記事


遺品整理@全国検索ガイド